蛇口や混合栓の水漏れ

お風呂の水漏れで最も多いのが蛇口や混合栓で起こる水漏れです。お風呂場の場合には、大半がこの蛇口や混合栓の水漏れになるのですが、この水漏は蛇口のパッキンの経年劣化によっておこります。本当に少しずつ水滴が垂れるように水漏れして行きますので、最初は目視する事ができませんが、一か所だけ濡れている所が目立ってきたりする事によって、水漏れを実感する事ができるようになります。

蛇口のパッキンが劣化する事によって水漏れの症状が起こる場所は、シャワーホースの付け根だけでなく、水栓本体の付け根やハンドルの下、排水口の付け根、蛇口本体と脚部の接続部分などで起こります。こちらの水漏れは、初期段階でしたらパッキンを交換するだけで症状は改善しますので、水漏れの対処法の中では非常に簡単になっており、水漏れなどの水回りのトラブルの業者さんに依頼しても、かなりリーズナブルな価格で請け負ってくれることが多くなっております。

ただし、この手の水漏れトラブルは、かなり進行してからでないと症状が現れませんので、見つけた時には、既にかなり水漏れの症状が進行しているような状況になっております。その為、水漏れがしているのを確認したら、なるべく早く修理するようにしてください。