セルフか業社か

お風呂で水漏れが起こってしまっているような状況の場合、自分で修理を行うのかプロの業者に依頼するのかで意見が分かれると思いますが、基本的には業者にお任せするような形にしておいて、自分で出来る範囲は自分で修理するというのがベストです。

お風呂の水漏れの修理で最も重要な事は故障個所の特定です。シャワーヘッドから水漏れするような場合には、シャワーヘッドを交換すれば水漏れが止まる場合もありますし、混合水栓の接続部からの水漏れの場合には、パッキンを交換したり、緩んでしまっているナットをスパナで締めることによって劇的に改善するケースがあります。このように自分で修理できる部分に関しては、業者に依頼せずに修理をするのがおすすめです。

先ほど紹介したような簡単な故障個所で無い限り業者に依頼する事になります。業者に依頼するような場合には、必ず複数の業者の見積もりを貰うあいみつを取るようにしてください。実は、水回りのトラブルの修理費用というものは、どうしても事例が完全に一致する事が少なくなっておりますので、会社や担当者によってお見積りが異なります。複数の業者の方に見積もりを作ってもらい、その中から対応が良かった業者や、見積もりがリーズナブルな業者を選ぶのがポイントになります。